Q.不安の正体とは、何でしょうか?

  千田琢哉名言その2021
A.
2017年02月20日20時22分03秒0007_R
自意識過剰と準備不足である。

ゆうそ考察)
不安とは、漠然としていて実態の掴めないものです。
ぼんやり出てきて、フッと消えてしまうものです。
そんな不安の正体とは、何でしょうか?
それは、千田本曰く
「自意識過剰」と「準備不足」

1つ目の「自意識過剰」とは、自分を過大評価することです。
なぜ自分を過大評価してしまうのか?
それは、自分の価値を信じられないからです。
自分の価値を信じていれば、過大評価する必要も
過小評価する必要もありません。
では、自意識過剰を直すには、どうすればいいのか?
自分の得意なことで役に立てばいいと千田本は言います。
自分の得意なことは、自分の存在意義でもあるから、
自分の価値が自分で認められます。

2つ目の「準備不足」とは、文字通り実力不足が原因です。
実力不足のくせに、実力以上の力を発揮しようとする図々しさが
不安を招く原因です。
人の目を気にして、見栄を張ると、逆に不安に駆られてしまう。
準備不足を無くすには、とことん準備すればいいのです。

この2つの本質を更に分解すると、
浮き彫りになることがあります。
それは、どちらも「自分で自分を許すことができない」ということです。
今の自分を許せないから、過大評価したり、見栄を張ってしまうのです。
自分を許すとは、自分のペースで自分と対話すること。
今、ここからです。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ