FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「飛び立つ技術」

千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「やがて背中の荷物は翼となって

 あなたは飛躍する時がやってくる

 長い間飛躍したかったら存分に荷物を

背負っておくことだ」


                                         by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『あなたの背中に荷物が背負わされているのは頑張っている証拠。
 頑張っていない人には何も背負わせてもらえない。

 背中に背負った荷物が重ければ思いほどあなたの脚力が鍛えられる。』
と。




名言ですね。



逃げ回ってばかりで何も背負っていない人は、
飛び立つための脚力が弱いため少ししか飛べない。
むしろ飛び立つことすらできないかもしれない。

けれどそれは自分が一番わかっていることなので
飛ぼうとも思わない。

一生、現状維持で幕を閉じる。


一方
今頑張ってたくさんの荷物を背負わされている人は
脚力が鍛えられる。

そして、いざ飛び立とうと思った時にいつでも飛び立てる。
その自信もあり、夢も広がる。



僕らは、その飛び立つための「」を
今、鍛えなければならない。






「自分のだけで飛ぶなら、鳥は高く舞い上がることはできない」


                        byウィリアム・ブレイク



高く舞い上がるためには人間も同じかも知れません。


もちろん自力で飛ぶことができなければ
高く舞い上がることもできません。



【一文字名言に転換】




 「何となく20代を過ごしてしまった人が30代で変わるための100の言葉」

0 Comments

Leave a comment