FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「クオリティが上がる方法」

千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。







「『じっくり考えます』を正式に翻訳すると

『普段何も考えていない

知的怠惰の給料泥棒です』」


                  
by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田さん曰く、
『「じっくり考える人」は普段何も考えていないから
 土壇場になって考える。
 
 そういう人は知的怠惰で
 じっくり考えてもろくなアイデアが生まれないと
 わかっているので先延ばしにする。』
と。




即時処理しないから更にクオリティが下がる。

なぜ即時処理なのか?
そのときが相手にとって一番熱意がある時だからです。


「鉄は熱いうちに打て」です。


人間は感情の生き物。

一番ホットな精神状態だからこそ効果があるのです。


「じっくり考えます」ほど
社交辞令染みた言葉はありません。


「先送りにしたい」とひしひし伝わってきます。

そうはっきりと言ってくれた方が
まだ付き合っていけるのではないかと思います。




「知的惰の給料泥棒」

このフレーズがいいです。

もし本人がこれを言えたら
逆に赦してあげそうなくらい正直です。



【一文字名言へ転換】




 千田琢哉ブログ「ki du ki」

0 Comments

Leave a comment