Q.先人達が築き上げてきたものに、僕らはどう接したらいいですか?

  千田琢哉名言その2103

A.どんな世界でも、これまで先人の培ってきた常識に
2017年05月14日07時31分33秒0003_R
一流なのだ。

ゆうそ考察)
あえて崩すこと、あえてずらしたりすることは、誰でもできます。
三流でも、五流でも、一流でもそれは可能です。
しかし、五流と一流とでは本質が違うので、すぐに飽きられてしまうと言います。
一流であえて崩すしたり、ズラしたりすることが魅力的なのです。
千田本曰く、
「斬新さを装っても、常識がなければ
 底の浅さを見破られる。」
常識とは、これまで先人が培ってきたもの。
そして、創り上げたもの。

学ぶとは「まねぶ」つまり真似をすることです。
では、何を真似るかといえば、それは「型」です。
しかし、型を知識として理解するだけでは、学びにはなりません。
仕入れた知識を行動に移して自分の変化を実感し、血肉化した時、
人は初めて学ぶのです。
―高原豪久


先人たちが創ってきた「型」をまねぶ。
しかし、いくら真似をしようとしても、完コピはできない。
そこには、個性が存在するから。
その個性がいい味になる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ