Q.「シャリ切り3年、握り8年」と言いますが、本当にそんなに時間が必要ですか?

  千田琢哉名言その2105

A.プロとして
2017年05月14日07時31分33秒0005_R
短ければ短いほどいい。


ゆうそ考察)
時給800円、1日かけてやることを1時間でできれば、5600円の人件費が浮きます。
月収20万円、1年やることを1か月でできれば、220万円の人件費が浮きます。
何より「時間」と言う、一番大切な資源がかなり浮くこととなります。
浮いた時間で更に仕事を覚えることもできるし、勉強に充てることで更に質が高まります。
「シャリ切り3年、握り8年」としておきたい人達がいた。都合のいい言葉で洗脳しようとする人達がいた。自分の立場が危うくならないようにとスローガンを銘打った。
千田本曰く、
「プロとして扉の前に立つ前までに燃え尽きてしまっては、人生がもったいない。」
始めるなら、今が本番です。3年後を本番に設定するのではなく、今を本番にする。
やってしまったもの勝ちです。

【イニシエーション】
通過儀礼の1つ。人生の重要な節目に行われる宗教儀礼。


イニシエーションを設定する人達がいた。そうすると都合がよかったから。
イニシエーションだからやるのは当たり前、というのは当たり前ではない。
考えることを忘れ、疑うことを拒むのは、当たり前ではない。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ