FC2ブログ

「絶対的成功法」

  001_convert_20120320073007.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『成功するために嫌いなことでも我慢しなければならない。
 という間違った認識がある。

 我慢の先に明るい未来があると思っているのだ。
 ところが現実はこうだ。
 
 我慢の延長線上にはさらなる我慢が強いられるだけであり
 いつまで経っても明るい未来などやってこない。

 それどころか我慢していることに慣れてしまって
 自分が我慢の人生を送っているという
 認識すらなくなってしまう。』

                    -本文抜粋



「仕事は我慢の連続だ」

「我慢してやっていればいつかいい事がある」


よく言われた言葉です。


当時は
「そうだよな、それが仕事だよな…」

と洗脳のように思い込んでいました。



けれど
「我慢が後に報われる」

そこには何の根拠もありません。


仮に
我慢して、我慢して、成功したとしても
それがすべて嫌いなことだったら
果たしてそれは心から喜べることでしょうか?


それは生き地獄でしかありません。


成功や失敗は結果的な部分です。



その費やした自分の命を存分に
楽しめたかが人生だと思います。



生き地獄に慣れてはいけない。




追伸
「矛盾を受け入れる力をサラリーマン時代につける。
 サラリーマン人生は僕にとって最高の地獄でしたね。
 最低じゃなくて最高の…。
 だからこそ、いまの自分がある」。

                byテリー伊藤


矛盾を感じたから、今の自分がある。



【ヒトコトメイゲン】


コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ