Q.朝の目覚めが悪いのは、疲れているからでしょうか?それとも精神的なものでしょうか?

  千田琢哉名言その2109

A.朝の目覚めは、
2017年05月14日07時31分33秒0009_R
の役割があるのだ。

ゆうそ考察)
朝の目覚めは、体のバロメーターでもあり、人生のバロメーターでもあります。
子供の頃、遠足の当日。ドキドキわくわくで早起きしてしまう、あの時の感覚です。
何か楽しい目的があれば、目が覚める直前にアドレナリン放出で飛び起きてしまうのです。
反対に、ブルーマンデーややりたくないことをやらなければならない時は、
いつまでも眠いです。
千田本曰く、
「朝の目覚めがよくなるような、変化を取り入れていけば、
人生は必ず正のスパイラルに突入していく。」
変化を取り入れるためには、自分でやるしかありません。
こうしたら自分が喜ぶのではないか、ああしたらテンションが上がるのではないか?
と自分なりに試行錯誤します。

心を平らにし、気を和にす。
これ身を養い、徳を養うの工夫。
― 貝原益軒 


自分の気分がよければ、相手にもおすそ分けできる。
自分の気分がよろしくないのに、相手におすそ分けするのは、偽善でしかない。
すべては、工夫次第。
「工夫しよう」と思わない限り、人生の主役にはなれない。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ