千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「必要とされる存在になる方法」

002_convert_20120321203041.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『会社でもすでに出世コースが閉ざされた補欠の先輩には
 教えたがり屋さんが多い。

 稼ぐ人は求められない限り教えたがらない。』

                  -本文抜粋


確かに、仕事ができなければ
「人に教える」ことはできません。

ただそれは程度の問題で年がら年中、
教えたがり屋さんは「怠惰的自己満足」に過ぎません。



自分よりできない人に教えて優越感に浸りたいだけなのです。



そんなところでしか自分の存在意義を確認できないのです。





「自分がいなくても会社が回るのが理想だろう。だが、
 それがいざ実現すると会社における自分の存在意義が
 無くなったことに気づく。 」


                   by流音弥




どんなに有能な人、一人いなくなったところで
会社が回らなくなることはないといいます。


だからこそ日々淡々と
創造しながら仕事をしなければなりません。


自己満足のために会社は存在していません。




【ヒトコトメイゲン】


 「稼げる30代になるために絶対に染まってはいけない70の習慣」

0 Comments

Leave a comment