FC2ブログ

「自分が高まる考え方」

  001+(13)_convert_20120322220604.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『予備校生のように必死で学び続けようとする
 姿勢があるか否かである。

 そして学び続ける人は常に変化しているから
 周囲に「教えてください」と人が寄ってくる。』

              -本文抜粋


自分はまだまだ発展途上と考える人と
自分はすでに完成形と考える人。


そもそもこの世に「完成形」なんて存在しません。


人間は一生学び続けていく生き物。


自分は完成形だと胡坐をかいている人は
現状維持すらできなくなります。


変化を求めなくなった時、人は
「お年寄り」と呼ばれます。


いくつになっても必死こいて勉強している姿というのは
生命を感じさせる。








「私は常に学んでいる。墓石が私の卒業証書だ。」

              byアーサー キット





「生涯現役」でいられること自体とても幸せなことだと思います。


本当のところ
人は老後の生活をするために頑張るわけでも
お金のために頑張るわけでもありません。


生きるために頑張る。


ただそれだけだと思います。





【ヒトコトメイゲン】



コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ