Q.服装や外見で人を判断するのは、いけないことですか?

  千田琢哉名言その2154

A.
2017年06月18日16時54分45秒0016_R
そのまま相手への熱意として伝わる。

ゆうそ考察)
学校では「人を見かけで判断してはいけません」と教えられました。
「外見より中身」「見た目より性格」
しかしそこには、大きな誤解がありました。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアン氏の研究によると
「人は見た目が9割」だと言います。
これは「対人態度の決定因」の研究からきており、
表情(見た目)が6割、話し方が3割、話す内容が1割だと言います。
このことから、人は視覚情報による判断が、大部分を占めていることになります。
服装や身なりも含まれる外見は、とても重要なファクターです。
千田本曰く、
「服装は単なる自己満足のお洒落ではなく、
相手に自分がどのように伝わるのかまで、
考え抜かなければならない。」
自分の見た目が相手にどう影響するのか?
その考え方がそのまま熱意として、受け止められる。

外見で人を判断しないのは、愚者である。
―オスカー・ワイルド


中身の顕在化が見た目。
服装が熱意の表れだとしたら、世の中わかりやすくていい。
やる気のない奴は、争うこともなく自然淘汰されていく。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ