Q.どうしても反りが合わない同僚がいます。どうすればいいですか?

  千田琢哉名言その2202

A.
2017年08月17日21時35分48秒0014_R
それは相手の器が小さいことが原因であって、
あなたがいちいち悩むことではないのだ。


ゆうそ考察)
理由がないのに嫌うということは、
相手も理由なく嫌われてきた顕れです。

いじめや戦争が無くならないのと同じく、
「理由なく嫌う」ことも無くならない。

人はやられたことをやってしまう生き物。

千田本曰く、
「そんな相手には、心の底からそっと同情の眼差しを向けてあげよう」

相手に同情することで、神様目線で相手を許すことができる。
許された相手は、安心して成仏してくれる。

愚か者には同情するよ。
―映画「ロッキー3」より


理由なく嫌う=なんとなく嫌いは遺伝子が決めているので、
本人の力ではどうにもできない。

どうにもならないことは、明らかに眺めることで
解決へ向かう。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ