Q.自分の事は自分が一番理解していると思うのですが、わからないことだらけです。なぜでしょうか?

  千田琢哉名言その2228
A.
2017年09月08日20時01分00秒0016_R
周囲の人々だ。



ゆうそ考察)
自分でわかっていることというのは、
自分が誰からこう見られたいという、自己満足の自分です。

それは本来の自分ではありません。
自分を一番知っているのは、世間体フィルターで見ない周囲の人々です。
頭のてっぺんから、足のつま先まで吟味する周囲の人々です。

千田本曰く、
「他人から誤解されたと感じたら、その誤解されたあなたこそが真実のあなたであり、
誤解されたと思い込んでいるあなたが、ひたすら間違っているのだ。」

他人が決めた自分が、本当の自分。
世界の中心は自分ではなく、自分以外。

恋愛とは好意的誤解のさいたるものである。
―大林宣彦


色眼鏡で見たものは、色がついている。
つまり、自分で脚色したことになる。

相手が脚色した自分が、相手の望む自分。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ