Q.通りやすい企画書とは、どんなものですか?

  千田琢哉名言その2266

A.
2017年10月26日19時41分50秒0008_R

ゆうそ考察)
決定権者へのラブレターとはどんなものでしょうか?

それは、その企画をやることによって「決定権者が出世してしまう」ような企画書が
決定権者へのラブレターということです。

つまり上司の手柄になるような企画書であれば、その企画書は通りやすいということです。

千田本曰く、
「決定権者の特性をとことん分析しておく」

これが社内ではなく、お客様への企画であれば、
お客様の特性をとことん分析する必要があります。

相手が、恋人なら恋人の特性を。

相手が、親なら親の特性を。

臆病な人間は批判をし、勝利を収める人間は分析をする。
批判は人の目を見えなくするが、分析は人の目を開いてくれる。
―ロバート・キヨサキ

分析は、相手を観察し、こうだと決めつけるもの。

分析自体が自分なりの解釈になっている。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ