Q.年収を2倍にするには、どうしたらいいですか?

  千田琢哉名言その2295

A.
2017年11月15日19時26分18秒0007_R
減らさなければならない。


ゆうそ考察)
末端社員と社長の労働時間は同じではありません。

その対価はどうでしょうか?

数倍です。

労働時間は数分の1なのに、報酬は数倍。
これが現実で、ここから何を学べるかがカギとなります。

千田本曰く、
「労働時間を半減させても会社に文句を言わせない程度の実力は
不可欠だ。」

労働時間を減らすと、年収は2倍になるという事実。

労働時間を減らせるということは、労働時間を圧縮するということ。

まったく必要のないことを効率的に行うことほど
無駄なことはない。
―ドラッカー


必要がないかを判断できるのは、才能。

必要性があると判断できるのも、才能。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ