FC2ブログ

行為の返報性

  千田琢哉名言その2326
2017年12月14日09時42分02秒0012_R

心理学用語で
「好意の返報性」というものがある。

人は相手から何か好意を受けると、
恩返ししたくなる心理欲求を持っている。

いいことをされると、いいことを返したくなるし、
嫌がらせされれば、嫌がらせしたくなるのが人間の心理。

もはや「行為」の返報性とも呼べる。

この原理に則ると、
「時間を増やしたければ、時間を与える」ことになる。

時間を与えられた相手は、「自分も…」というように、
相手に時間を返したくなる。

それは、1プレゼントしたから、1返ってくるような
単純な計算ではなく、1プレゼントで複利がついて返ってくる。

何か増やしたいものがあれば、その増やしたいものを相手にプレゼントする。

増やしたいものを与える心の余裕(スキマ)に、
神が宿る。



コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ