千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

才能の貴賤

千田琢哉名言その2346
2018年01月11日07時20分13秒0009_R

何も努力しなくても、成績優秀な人もいれば、
不屈の精神で努力を貫いたにも関わらず、
結果の出ない人もいる。

わかる人には、一瞬でわかり、
わからない人には、永遠にわからない。

これはもう、先天的に序列があるとしかいえない。

これは勉強、スポーツ、芸術と
すべての分野に共通して言えること。

この序列から、目を背けることなく、
ありのままの自分の才能を受け止めることから始まる。

諦めるのではなく、明らかに眺める。

才能の定義と称するのであれば、
「ノンストレスで没頭できること」

いかに意識せずに、呼吸のごとくやり続けること。

やること自体が、やりたいこと。


 「器の大きい人は人の見ていない時に進化を発揮する」

0 Comments

Leave a comment