千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

アイの手

千田琢哉名言その2355

先輩や上司の説明を受けながら、
2018年01月28日07時49分24秒0001_R

相槌の語源は、江戸時代に遡ります。

相槌の「槌」という字は、物を打ち叩く建築用の工具のことで
刀鍛冶が刀を作る時に、師匠が槌を打つ合間に弟子が槌を打つことを
「相槌」と呼びました。

つまり相槌とは、目上の者に対する「合いの手」のことです。

合いの手は、音とタイミング。

会話の相槌は、いかにタイミングよくするかが重要となるのです。

トントン拍子なら、相手と気持ちが合っていく。

ズレズレなら、相手と噛み合わない。

いかに相手を気持ちよくさせるかが、カギとなります。

 「20代で身につけるべき『本当の教養』を教えよう。

0 Comments

Leave a comment