千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

そのままでいい

千田琢哉名言その2385
2018年02月17日07時34分53秒0012_R
惹かれているのだ。

自分の気にしている部分は、相手にとったらどうでもいいこと。

自分のどうでもいいことは、相手にとったら気にするもの。

人は、自分の見えていない部分に長所、短所があり、
見えていないからこそ、より顕在化される。

顕在化された自分に、相手は惚れたり、嫌ったりする。

そう、自分の魅力とは、自分にはわからないのである。

思い通りにならないからこそ、人は動く。

だから今日の発展がある。

 『「ありがとう」より「ごめんなさい」で差がつく。チャンスを掴める人はここが違う』

0 Comments

Leave a comment