FC2ブログ

人間の基本動作

  千田琢哉名言その2396
2018年03月02日07時25分25秒0010_R

自分がされて嫌なことは、必ずしも相手が嫌とも限らない。

中には、気にしないし、当然と思う人間もいる。

だからこそ「他人にされて嫌なことは、しない」のである。

なぜかといえば、
自分が嫌なことを、相手にするという行為は、
自分の中で、矛盾を巻き起こすこととなる。

その矛盾は、やがてマヒし、
自分が自分でなくなる。

自分が自分でなくなるということは、
自分は常に、他人に支配されていることになる。

ゆえに、自分がされて嫌なことは、しないほうがいい。

しかしながら、
自分がされて嫌なことは、案外気づきにくい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ