FC2ブログ

千田琢哉名言その2746

  2019年02月11日07時28分57秒0011_R
これからどうやって良くするかを
考えることなのである。


ポジティブ心理学

1998年、ペンシルバニア大学心理学部教授、
マーティン・セリグマンが提唱した概念。

人や組織、社会が本来あるべき方向へと向かい、
人が幸せに生きるために、科学的にアプローチする心理学の一領域。

マーティン・セリグマンは、
2009年国際心理学会第一回世界大会の講演で次のように述べています。

・「強み」「弱み」にも関心を持つ
・「最高の人生」をもたらすことにも、「最悪の状態」を修復することにも関心を持つ
・普通の人が満ち足りた人生を作ることにも、病気を治すことにも関わる
・惨めさを減らすだけでなく、幸せや良い生活を増やすための介入方法も開発する

良くするためには、「悪い部分」を受け入れる必要があります。

悪い部分を見てみぬふりするのではなく、自ら関わり、介入することで、
良くなっていきます。

ポジティブとは、無理矢理自分を高めるものではなく、
「本来の自分を受け入れる」ことが重要です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ