千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「天職のさがし方」

001_convert_20120602194536.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代仕事に躓いた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『向いている仕事より、好きな仕事を選んだほうが
 幸せになっている。 
 
 向いている仕事を我慢してやっている人より
 好きな仕事に時間を忘れて没頭している人のほうが
 結果として生涯賃金も多くなる。』

                  -本文抜粋


自分に向いている仕事かどうかなんて、
何年かやってみないとわかりません。
(その何年のという保証もありませんが…)


そんな気になっているだけで実際は成果を出していなかったり
何年もこの仕事をやっているからと言って、
向いていると思いこんでいるだけかもしれません。

給与がいいからそこにいるのかもしれないし、
慣れてしまっているからそこにいるのかもしれない。



いずれにせよ、千田さんの言うように
自分の天職というのは
「好き嫌いで選ぶ」のだと思います。


完全に仕事の内容で選ぶということです。


労働時間や給料、会社の規模で選ぶのではなく
完全に「好き嫌い」で選ぶのです。



好きならどんなことでも苦にならないし、
自然とのめり込んでしまうと思います。


嫌でも、結果を出せるのではないでしょうか?



「好きなことを仕事にする」

これです。

いたってシンプル。



『いい仕事をするためのポイントは実にシンプルです。
 「やりたい仕事をすること。」
 「これをやりなさい」と言われた仕事では、いい仕事はできません。』

                      by渡邉美樹




「好きこそものの上手なれ」

好きなことをして上達するのは
自然の流れなんですね。

最高の人生です。




【ヒトコトメイゲン】


 「20代 仕事に躓いた時に読む本」

0 Comments

Leave a comment