千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「幸せを感じる術」

001_convert_20120603210646.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代仕事に躓いた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『幸せを当り前と感じる人は不幸だし、
 周囲から見たら不幸に見えるのに幸せを感じている人は
 幸せだ。

 幸せというのは、自分が当たり前と思っていることに対して
 「当り前ではない」をどれだけ見つけていくことができるかで
 決まる。』
 
                -本文抜粋


「絶対的」とは
他と比べようもない状態・存在であるさま。

ただそれだけが独立していて
それが一番、それ以外はないということ。


「相対的」とは
他と比較して成り立つさま。

他と比べた時に、こっちのほうがいい
ということ。




千田さんの言うように
幸せに絶対的なものはなく、相対的にみて
本当の幸せを感じられるのだと。


人間は不足を感じ、それが満たされることで
幸せを感じます。


挫折を知らない限り、幸せに気づくのは難しいのです。




「この世に絶対はない。」

        by作者不詳




そもそも、
この世に絶対的なものが存在しないこと。あるとしても、
それは誰かが勝手に思い込んでいるということ。


自分がどれだけ気がつけるか
それだけです。




【ヒトコトメイゲン】


 「20代 仕事に躓いた時に読む本」

0 Comments

Leave a comment