FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「部下が自然とついてくる方法」

001+-+繧ウ繝斐・+(8)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120613205548


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『部下が最低最悪の状態のときに、あなたがそばにいてくれることを
 イメージできる存在になっているか。

 いざとなった際の覚悟というのは、
 必ず部下に伝わるものである。』
 
                      -本文抜粋


「本音と建前」という言葉がありますが、
人は「本音」が出るのは「際」だといいます。

いざとなった時の行動が「本音」ということです。

いつもは「いざとなったら助けてやる」と景気のいいことを言い、
最悪の状態になった時、知らぬ存ぜぬ「何もしない」。

これぞ正しく「本音と建前」。



僕が思ったのは
「建前」とは口で言ったこと。
「本音」とは行動したこと。
ではないかと思います。


絶体絶命のピンチの時の
「際」にこそ人間性がむき出しになるのです。






「やむをえない場合には、
 最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。」
 
              byデール・カーネギー



普段から、
いざとなった時の覚悟ができている者は強い。







【ヒトコトメイゲン】


 「はじめて部下ができたときに読む本」

0 Comments

Leave a comment