千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「部下を説得する方法」

001+-+繧ウ繝斐・+(8)+-+繧ウ繝斐・_convert_20120614202648



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『人はみんな、説得されるのが大嫌いだ。
 
 なぜなら人間にとって、自由ほど尊いものはなく、
 自由を奪われるほどの苦痛はないからだ。』

    
                 -本文抜粋


 
説得されるということは、自由を奪われるということ。

人は基本的に説得されるのを嫌がります。

反対に自分から気付いていくことは大好きです。



千田さんは言います、部下に気づかせるポイントは
「初めから教え過ぎないこと、
 最低限のポイントを一つだけ教えて、
 後はやらせてみること」だと。


ちょっと手を差し伸べて、後は自分でやらせる。

確かに、
教え過ぎもよくないし、まったくの放置もよくない。

まさに
「着かず、離れず」の距離ではないでしょうか?





『人を説得する秘訣は、教えないふりをして相手に教え、
 相手が知らないことは
 「忘れていたのだろう」と言ってやることだ。』

              byチェスター・フィールド-




その、さりげなさを演出する上司に部下は虜になります。




【ヒトコトメイゲン】


 「はじめて部下ができたときに読む本」

0 Comments

Leave a comment