FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「部下のモチベーション上がる方法」

001+-+繧ウ繝斐・+(9)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120615200619


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『陰口は本人の耳に入るという事実を思いだすことだ。
 
 陰口が必ず本人に伝わるとすれば、
 陰で褒め続けても相手の耳に入るということだ。』


                 -本文抜粋

どんな会社でも
「陰口」は日常茶飯事と言っていいほど、
行き交っています。


本人は意識していないけれど、
傍から見たら陰口になっていることがあります。

こういう自覚のない罪が一番質が悪い。


そして千田さんは言います。

「陰口は必ず本人の耳に入る」と。

どのみち伝わるのなら
直接言ったほうがいいような気もしますが…


直接言えない原因としては
自分の「立場」によるものだと思います。

立場が弱かったり、自分の立場を危険にさらしたくない。
といったもの。


陰口を言う心理としては
相手に「伝わる、伝わらない」とは別に
そこでストレスを発散しているだけ。

自分の中のモヤモヤ、イライラを外に出して
解消しているだけだと思います。



そんな百害あって一利なしの「陰口」とは反対に、
「陰褒め」の効果は、てきめんだと千田さんは言います。


直接褒められるより、第3者を通しての
「褒め」は一気にモチベーションが上がります。

言った方、言われた方、共に咲くことができます。



「もし人の悪口を言うならば、自分に返ってくることを予期せよ。」
          
                      byプラウタス




「その逆もあり、ということも予期せよ」
 
           byゆうそ





【ヒトコトメイゲン】



 「はじめて部下ができたときに読む本」

0 Comments

Leave a comment