FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「部下を怒鳴りたくなったら」

001+-+繧ウ繝斐・+(9)+-+繧ウ繝斐・_convert_20120617074412


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『自分のために怒鳴っているのだから、
 相手の心には決して響かない。

 人は同じ相手から怒鳴られ続けても、
 効果が薄くなっていくだけ。』

              -本文抜粋



怒鳴るというのは相手の為ではなく、
自分の為だという事実を受け入れなければならない。


怒鳴っても相手は心を閉ざしてしまうだけ。


人間は、アナログにできているので
理性より先に感情が表立ってしまう。


いくら正論を唱えたところで、
頭に入らないばかりか、反発心すら出てきてしまう。


怒鳴ってスッキリするのは本人だけ、
というのは誰もが知っている。

だから相手の心に響かない。


千田さんは言います。
「怒鳴りたくなったら、深呼吸して一回だけ我慢する」

すると周りの
一回怒鳴るのを我慢できない人に必ず怒鳴られるからだ。

それは監督責任を放棄しているのでなく、
他の誰かに怒鳴られることで心底気づかすことができる
と。


もちろん、部下の注意すべき点は気に留めておくのが前提。


このように人の心は、1+1=2にはならない。

ネコのように
無理に捕まえようとすれば、するりと逃げてゆき、
放っておき、気がつくと自分の膝の上にいたりする。

 





【ヒトコトメイゲン】



 「はじめて部下ができたときに読む本」

0 Comments

Leave a comment