FC2ブログ

千田琢哉名言その3007

  2019年11月12日07時36分54秒0007_R


人間関係が良好になる方法

人間関係を良好にするには、
「許す」ことです。

相手を許すことで、無駄な衝突を防ぐことができるからです。

「どうしても相手を許せない!」
という人は、相手を許せない「自分を許す」ことです。

相手の○○が許せないというのは、
自分の中の○○が許せていない状態です。

そんな自分を許してあげることで、
自然と相手も許せるようになります。

会社の人間関係といえば、
上司、同僚、後輩が主ですが、

どうしてもそりの合わない上司がいたとします。

この時、
「この上司はなぜ、こんな上司になってしまったのだろう?」
と想像します。

「幼い頃に、母親から褒めてもらえなかった」
「新人の時、いじめられた」

人は誰にも認めてもらえないと、無意識的に称賛を求めようとします。

この称賛を得るために、弱い立場の者を
力ずくで従わせようとするのです。

「上司も苦労してきたんだな…」と思うと、上司を許せるようになります。

このように相手の苦労がわかると、
相手を許せることができ、
結果的に人間関係が良好になるのです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ