千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「辛くなった時の対処法」

001+-+繧ウ繝斐・+(10)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120618111453



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『人間というのは本当に面白い生き物で、
 体で表現したことは、
 そのまますぐに内面に反映されていく。』

           
              -本文抜粋



人は辛くなると、うなだれてしまいます。

リーダーとて人間、
うなだれてしまう時はあります。

しかし、リーダーとして存在するのは事実。
うなだれていては状況は変わりません。



千田さんは言います。
「辛いときこそ、顔を上げる。」と。


心は辛くても、体で表現するということです。

嘘でもいいから、元気な態度をとる、
すると次第に心まで元気になっていく。

単純といえば単純ですが、それが人間です。


「辛くなったら、顔を上げる。」

いたってシンプル。




「うまくいっていないときに、
 頑張ってポジティブな言葉を使うというのは
 とても難しいのですが、
 使っているとだんだん言葉に状況が
 引っぱられていくように感じます。」

               by山田玲子



そう考えると、
気分というのは自分でコントロールできる。

自分が望めば、その気分になれるということです。

外部からの刺激は関係ないのかも知れません。




【ヒトコトメイゲン】



 「はじめて部下ができたときに読む本」

0 Comments

Leave a comment