FC2ブログ

千田琢哉名言その3052

  2019年12月27日20時42分14秒0008_R
同じ人生を歩むはずがない。


臨死体験

志賀 貢著、「臨終の七不思議」

志賀医師は数多くの「人の死」に立ち会ってきた人物ですが、
中でも不思議なものとして、「臨死体験」があります。

瀕死状態から生き返った人の証言によると、
「誰かが耳元で呼びかけている声が聞こえた」といいます。

病気や事故で心肺停止になり、
救急治療によって蘇生した人の約4%~18%の人に、
「臨死体験」が見られたそうです。

意識不明にも関わらず、「家族の声が聞こえた」と言うのです。

実のところ、言葉や音を聞き分ける脳の「聴覚中枢」は「側頭葉」にあります。

定説では、「心臓が停止してから脳細胞は約4分で死滅する」でしたが、
近年の研究によると「脳細胞は最後まで生き続けている」との見解です。

以上のことから、臨死体験は脳が体験している現象だったのです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ