FC2ブログ

千田琢哉名言その3086

  2020年01月21日07時25分46秒0017_R
才能不足だ。


「凡人」はなぜ、「天才」を殺すのか?


北野 唯我著、『天才を殺す凡人』

そもそも「天才」「凡人」とは、一体誰のことを指すのでしょうか?

「天才」…
創造性の才能を持つ人のことで、
独創的な考えや着眼点を持ち、
人々が思いつかないプロセスで物事を進められる人

「凡人」…
共感性の才能を持つ人で、
感情やその場の空気を読み、
相手の反応を予測しながら動ける人

ではなぜ、凡人は天才を殺すのでしょうか?

その理由は、天才と凡人の関係性にあります。

天才は、凡人に対して、「本当は理解してほしい」と考えています。

凡人は、天才に対して、「理解できない」から排斥しています。

天才の役割は世界にイノベーションを起こすことですが、
実のところ、凡人の協力なしには成し得ません。

反対に、凡人は天才に対して理解できないため、排斥します。

「話しても伝わらない」というコミュニケーションの断絶により、
お互いの才能を殺し合う現象です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ