FC2ブログ

千田琢哉名言その3099

  2020年02月07日20時12分59秒0013_R
いつかは実現できる。



「What」「Why」「How」のフレームワーク

スティーブン・R. コヴィー著、
『7つの習慣 最優先事項「人生の選択」と時間の原則』

著者曰く、「What」「Why」「How」の強みについて
次のように述べています。

「What」
原則に基づいた「何を」は、成長と貢献に焦点を合わせている。
それは、ただ生活の質を高めるための目標を設定し、達成するだけではない。

「Why」
自分に負けそうになったとき、持続力を与えてくれるのは「目的意識(なぜ)」なのである。
心の奥のより深い「イエス」が燃えていれば、諦めの気持ちに対して「ノー」と言えるのだ。

「How」
「どの程度行うのか」ということは、自分を「コントロール(管理)」するか、「リリース(解放)」するかによって異なってくる。

「何を」したいのか明確であれば、迷うことがありません。

「なぜ」が明確であれば、諦める可能性が低くなります。

「どのように」が明確であれば、今すべきことがわかり、モチベーションが維持できます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ