FC2ブログ

千田琢哉名言その3117

  2020年03月03日20時26分31秒0005_R


褒めても叱ってもいけない

アドラー心理学では、「承認欲求」を真っ向から否定しています。

理由は、褒めたり、叱ったりという行為は、「他者への課題に土足で踏み込むこと」だからです。

例えば、「子どもが勉強しなくて困っている」という親がいたとします。

この場合、勉強するのは「子どもの課題」であって、「親の課題」ではありません。

そこに親が「勉強しなさい!」と、子どもの課題に土足で踏み入れると、子どもは逆にしなくなります。

なぜなら、親の「勉強しなさい!」は、「子どもの将来が不安」という「自己の心配を満たすために解消する行為」だからです。

この欺瞞が子どもに伝わり、子どもは逆に勉強しなくなるのです。

「承認欲求を満たす」ことは、あくまで自分自身であり、他人に向けるものではないのです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ