FC2ブログ

千田琢哉名言その3142

  何だかんだ言って
2020年03月23日07時28分47秒0011_R


いつかは失われるものにたいした意味はない。
失われるべきものの栄光は真の栄光にあらず。
村上春樹


いつかは失われるものにたいした意味はない。

→栄光は「自分以外の誰かにとって」いつか意味がなくなる。

失われるべきものの栄光は真の栄光にあらず。

→「失われるべきもの」の逆の「栄光」は、
自分のアイデンティティ、バックボーンとして使えるので、
失われるべきではない。

人生で最も輝かしい時は、いわゆる栄光の時でなく、
むしろ落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への
完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。
フローベール


→逆境にいる時こそ、栄光が支えとなる。
栄光はすがりつくのではなく、使うもの。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ