FC2ブログ

千田琢哉名言その3153

  2020年04月04日20時45分24秒0009_R


私は、才能というものは、集団を幸福へ導くため、
天が人間の世界に一定の割合で与えてくれた資質だと思っています。
そのため、たまたま才能を授かったものは、
それを世のため、社会のため、集団のために使うべきと考えています。
稲盛和夫


私は、才能というものは、集団を幸福へ導くため、
→才能は自分のために使うものではなく、

天が人間の世界に一定の割合で与えてくれた資質だと思っています。
→才能は誰かのために使うもの。

そのため、たまたま才能を授かったものは、
→才能を授かる=天からの使命=天命に則り、

それを世のため、社会のため、集団のために使うべきと考えています。
→才能を発揮できる場所で、誰かのために発揮させることが
正しい才能の使い方。

私利私欲のための才能は、足元をすくわれる。
そのため、私利私欲のための才能は、開花しにくい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ