FC2ブログ

千田琢哉名言その3258

  2020年07月23日19時03分17秒0003_R
他人や世間の尺度に惑わされぬよう
自分の頭で判断すべきなのだ。



数や関数は、我々の心の勝手な産物ではない。
それらは、客観的に実在するものが持つ必然性と
まったく同一の必然性を持って、我々の外に存在している。
シャルル・エルミート

→客観性は、必要性に迫られたとき、
実在する。

そう考えると、同じような必要性があれば、
客観性は常に存在することになる。

客観的が「普通」で、主観的が「珍しい」状態となる。

人は常に主観でしか物事を見られないが、
必要に迫られれば、客観的に判断できる。

出た答えは、出るべくして出た。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ