FC2ブログ

千田琢哉名言その3401

  2020年12月14日06時47分11秒0006_R


ひとつのことに秀でようとするならば、
朝も昼も夜も、やる気になろうがなるまいが、
一心不乱に打ち込み、工夫すべきだ。
それは楽しみではなく、苦行なのだ。
スマイルズ

→不足している部分を補うには、
何か「苦行的な」努力が必要。

なぜなら、何かを達成したければ、
ひたすら短所を補うのではなく、
ひたすら長所が輝く分野を探し続ける必要があるから。

「営業職なのに口下手」な人は、
「口下手」を克服する努力をするのではなく、
「口下手」が活かせる分野を探す努力をしなければならない。

結局のところ、何かを達成するには、
泥臭い努力は必要不可欠といえる。

その泥臭い努力を何に使うかが
重要。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
10年。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: