FC2ブログ

千田琢哉名言その3467

  相手から何も学びがない、
2021年02月20日08時31分21秒0004_R

よくマンガなどで、
師匠が弟子に
「お前にもう教えることは何もない!」
といった瞬間、弟子が旅立っていくシーンがある。

あれこそまさに、
「学びがなくなった瞬間に別れ」となる
好例である。

人は何のために存在するのか?

それは学びを与えるため、
そして学ぶために生きている。

したがって、「もう教えることがない」というのは、
死を意味する。

では、もう教えることがない師匠は
死んでしまうのか?

そこで「もう学ぶものはない」と悟った師匠は
文字通り、死んでしまう。

しかし、「また新たな学びを得よう」と思った師匠は、
死なない。

また新たな学びを得るために、誰かの弟子となるのだ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ