FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「負けまくったら」

千田琢哉名言 20



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『全力を出し切っても敵わない相手がゴロゴロいることを
 人生の早い段階で知っておくことは大切なことだ。』

                  -本文抜粋



最終的に自分の得意分野で勝つためには、
早くに「負け」を知っておくことだといいます。


学校は何のために通うのか、
疑問に持った人は多いはず。


「いい大学に出て大きい会社に入るため…」
「みんなが行ってるから…」


そんな小さな理由ではありません。



千田さんは言います。
「学校は負けを学ぶために通っている。
 負けが分かれば自分の長所だけに集中できるからだ。」



自分の負けの分野を努力して克服するのは
「報われない努力」

人の何倍も努力して苦手を克服しても
それは長所にはなりません。
それは平均か、もしくは短所のままです。





「『負けたことがある』というのが、いつか大きな財産になる」

                  by堂本五郎(漫画スラムダンク)





負けは負けでいいのです。

その事実を知るほうが何百倍も大事だから。

自分の得意分野を発見するきっかけになります。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 20 (2)

 「本音でシンプルに生きる!」

0 Comments

Leave a comment