FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「批判」

千田琢哉名言 96



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[模範解答とは逆のハチブンノイチ]


千田琢哉曰く、
『批判している人は自己紹介しているようなもの。』






「批判は自己紹介」


これまた名言です。


千田さん曰く、
「批判をしている人は、
 自分の自己紹介をしているようなもの。
 
 批判する人は
 自分が言われたくないことを他人に言う。」と。



正鵠を射りました。


確かに。

ケンカの時もそう、
相手が一番傷つくことを言いたい。

だから自分の中で
「これを言われたら一番傷つく」ことを言うはずです。


つまり
自分の言われたくない言葉が
本人の口からそのまま出てくるということです。




果汁100%ですね。








「批判ばかり受けて育った子は批判ばかりします。」

               byアメリカインディアンの教え






きっとその子は愛情不足だと思います。

相手に対する批判は自己紹介であり
話を聞いてくれないという愛情不足から
きているものだと思います。

自分のことを知ってほしいから
批判するのかも知れません。


【追伸】
「批判する人生」とは逆に幸せはあるんですね。
 

 「千田琢哉セミナー」

0 Comments

Leave a comment