FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「他人は自分」

千田琢哉名言 108


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『他人を批判しなくなったら
 自分が満たされてきた証拠。』
                       -本文抜粋




自分の言った言葉。

一番最初に伝わるのは目の前にいる相手ではありません。

「自分」です。

言葉とは一度自分というフィルターを通して
はじめて目の前にいる相手に伝わります。

つまり、出る言葉とは「自分そのもの」なのです。

果汁100%搾りたての自分の言霊。

特に相手を批判する時は、
自己紹介をしているようなものと
千田さんは言います。

自分の満たされない感情や実力を
人のふんどしで相撲を取るのです。

それこそ自己紹介。

「あの人はここだダメなんです。」

「あの人」ではなく「自分」だったのです。






「いかなることにおいても、
他人や境遇、環境のせいにすることはやめなさい。」

                byJ・マーフィー







自分に起こるすべてのことは
自分が原因によって起こること。

だからと言って反省するというより、常に
「ではどうしたらいいか?」と自問自答することが大事。

常に「ポジティブ受信」でいることが大事です。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 108 (2)

 「不器用でも愛される「自分ブランド」を磨く50の言葉」

0 Comments

Leave a comment