FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「大軍」

千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 191


千田琢哉著
『たった2分で、やる気を上げる本。
君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフル』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
おもしろい名言です。

「地球の反対側」

このフレーズ、好きですね。

よく会社の中で
「問題なのは・・・」となんでも問題視する人がいます。

「問題」と言ったらすべてが問題になり、
「難しい」と言ったらすべてが難しくなる。

この病気の感染力は強いので、極力、距離を取ったほうがいいと、
千田さんは言います。

下手をすると簡単な問題でさえ、眉間にしわを寄せて
「難しい」と言ってしまう。

それに染まったら最後、
どんな問題でさえ難問化してしまいます。

言ったことが現実になるのは、もはや「法則」
常識になっています。











臆病者の目には敵は常に大軍に見える。

         by織田信長









実力の無さから易しい問題を「難問」にしてしまう。

難しい顔をしていれば、「この人は深い人なんだ」と
周囲に思わせることができると思っている。

カムフラージュできると思う。

単に実力がないだけなのに。

質が悪いのは、
嘘でも「思ったら現実になってしまう」ところです。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 191 (2)

 「たった2分でやる気を上げる本」

0 Comments

Leave a comment