FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「喧嘩」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 199


千田琢哉著
『たった2分で、やる気を上げる本。
君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフル』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
そしてこんな言葉も
「友情と喧嘩は対極の関係ではなく、友情の中に喧嘩も含まれている」

「喧嘩がない」=「友情」ではなく

「喧嘩もする」=「友情」です。

喧嘩が起こると言うことは相手に関心がある証拠。

「変わってほしい」「それは間違っている」

そう思うから、摩擦が起こる。

関心がなければ何も起こらない。

喧嘩ができる相手とは貴重な存在です。

そして、それはあなたへの大切なメッセージ。








火のないところから煙は立たぬ。

        byことわざ










喧嘩をした後は絶縁になるか、より信頼が深まるか
どちらかになります。

絶縁になる相手というのは、
遅かれ早かれ最初からそうなる関係だった。

信頼が深まると言うことは、
自分の感覚と相手の感覚が一致していたということ。

何事も原因があって結果がついてくるもの。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 198 (2)

 「たった2分でやる気を上げる本」

0 Comments

Leave a comment