千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「ダンボール物語」

千田琢哉曰く、

コピー千田琢哉名言 - コピー (68) - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「ダンボールが拾える人間」とは

千田さんが契約を取りに地方都市に訪問したとき、
会社の目の前で偶然、運送業者の人が荷車をひっくり返した。

ダンボール箱はあちこちに散らばって気づいたら千田さんは
一緒になって段ボール箱を拾っていた。

その一部始終を、契約先の会社の社長が見ていた。

出会った開口一番で契約が決まったと言うエピソード。



ダンボール箱を拾ったことが偉いとか、いい人、
とかで契約が決まったわけではなく

その人が「いざとなったら逃げない人」かどうかが
決め手だったということ。

ただそれだけのことで人間関係は繋がる。

そして繋がっていく。

ただそれだけのことができないのが人間で
いざとなったら逃げてしまうのが人間。

「逃げない」の意味は
「嫌なことから逃げない」というより
「自ら進んでいく」ことに近いと思います。










逃げない、晴れ晴れと立ち向かう。
  
            by岡本太郎










「逃げる」の逆は「逃げない」ではありません。

「逃げる」の逆は「進んでいく」ことです。

何があっても進んでいく、後退しない。

目、鼻、口、
人間の顔のパーツが前についているのは
前進あるのみだから。


【ヒトコトメイゲン】

 「その人脈づくりをやめなさい」

0 Comments

Leave a comment