FC2ブログ

「人という字は・・・」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 222


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
人は一人では生きていくことはできない。

誰かに支えられることで、今の生活がある。

表面的には、お金を稼いできているお父さんかもしれない。
家事をしてくれる、お母さんかもしれない。

けれど、目には見えていない部分でたくさんの人の働きによって
今の生活がある。

電気を供給してくれる人。
水道局で水質を管理している人。
お米を生産する農家の人。
病気を治療してくれる人。
地域の安全を保ってくれる人。

本を配達してくれる人・・・

あげればキリがありません。

人は人に支えられなければ生きていくことはできない。

「いや、無人島で何十年と生きた人がいる!」と横槍。

確かに、ただ生きていくことはできるかもしれないが
「人生を楽しむ可能性」はそこにはありません。

人に支えられることでたくさんの「人生を楽しむ可能性」を
与えられている。

同じ「生きる」でもまったく意味が違ってきます。

「支え合う」って「可能性を与え合う」ことだと思います。









結局、支えていると思っているものに
支えられている。

           byネットで見つけた名言












その「可能性」によって人類は発展してきた。

今のあなたがいるのは、ご先祖様が懸命に生きた証拠。

そのご先祖様にも支えられている。

そう考えると
一体、何人の人に支えられているのか想像もつきません。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 222 (2)

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ