FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「孤独力」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 253


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

チャンスとは「突然のにわか雨」のようなものと、
千田さんは言います。

この「突然のにわか雨」に傘を準備できているかが、
チャンスを掴める人、掴めない人の差になります。

チャンスが降ってきても「実力」という傘を準備していなければ
チャンスは掴めない。

チャンスが降ってきても「勇気」という傘を準備していなければ
チャンスは掴めない。

チャンスが降ってきても、その傘を掴み続ける「握力」がなければを
成功を持続できない。

そして「実際に傘をさせる人」なのか「傘をさす準備だけの人」か
そこが人生の分岐点。

世の中の8割の人が、傘をさす準備で人生を終える。

そのチャンスというにわか雨すら気づかずに人生を終える人もいる。









孤独とは物事を深く考えるチャンス。

              by美輪明宏












その他大勢と群れていては、傘をさせる人にはなれない。

その他大勢と群れていては、
そのにわか雨にすら気づかないかもしれない。

孤独に。
否、孤高に自分と向き合っている人だけが傘をさせる。

その勇気も自分と向き合っているときに養われる。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 253 (2)

 「誰よりもたくさん挑み、負けろ!」

0 Comments

Leave a comment