「もう」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 399



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

準備体操で、一日が終わる人がいる。

準備体操で、一年が終わる人がいる。

準備体操で、一生が終わる人がいる。

いったい何のために生まれ、何のために生きたのか?

人生は、準備体操をするためにあるのではない。

ひたすら、本番のための人生です。

取り繕って、我慢に我慢を重ねて、上っ面のつき合いをしに、
この世に生まれたのではない。

本音が言えて、たましいをぶつけ合い、
心の底から笑える人と出逢うために生まれてきた。

そんな、特別な人と出逢うために生まれてきた。

成功した人が特別なのではない。

自分が特別な人生にするのです。

特別な人生には特別な人が集まる。














そのときの出会いが人生を根底から変えることがある。

                  by相田みつを











「そのとき」とは準備体操を終えたとき。

準備体操が終え、本番を向かえたとき。

本番に生きてこそ、本気の人に出逢える。

本気の人と一緒なら、いつ死んでも悔いはない。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 399 (2)

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ