FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「必要な反対」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 403




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

童話「わらしべ長者」

一本の藁から始まり、最後には大きな屋敷が
手に入るという物語。

この話には千田琢哉曰く、2つの教えがあるそうです。

1つは、
「人に教えを乞うときの姿勢を教えてくれている。」

2つ目は、
「その教えをあっさり、手放す」

よくよく見ると、
この2つ教えは、完全に矛盾しています。

人の教えは聞くけれど、手放すときはあっさり。

1の教えを言いかえると、
「人から教わったことはとりあえずやってみる」ということ。

2の教えを言いかえると、
「好機だと思ったら、あっさり手放す」ということ。

まっすぐな気持ちと、臨機応変さを兼ね備えることが
成功への道。

相反するものの融合に、イノベーションがあります。












今を維持しようとする力と、変えようとする力。
その矛盾するふたつの性質を共有しているのが、生き物よ。

                      by赤木リツコ











「矛盾するふたつを共有する」

男と女、自分と他人、親と子、先生と生徒、
強者と弱者、光と陰、過去と未来、心と体。

矛盾するが、お互いを必要としている。

否、お互いなくてはならない存在。

ふたつでひとつ。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 403 (2)

 「仕事の答えは童話が教えてくれる」

0 Comments

Leave a comment