FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「天地」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 413




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

あの世に行ったら「天国と地獄」があるではなく、
今この生きている世界に「天国と地獄」がある。

「死んだら楽になれる」

「地獄に行きたくない」

一体、何が根拠で言っているのわかりません。

死んだらどうなるか?はあくまでも、
「想像」であって、誰かが経験したものではありません。

何に対して畏れ、何を求めているのか?

気づきたいのは、今生きているこの世がすでに「天国と地獄」

正確には、天国にすることも、地獄にすることも
自分次第だということです。

千田琢哉曰く、
「大切なことは、
 生きているうちに何かをしてあげるということなのだ。」

「死ぬしかない」という選択肢は、本当は選択肢にならないのです。

選択肢でも最終手段でもありません。













人生で出会う出来事は、すべて何かを教えてくれている。
生きている限り、学ぶべきことがある。

                      by井深大

        





     


人間の致死率は100%。

どのみち、人は死ぬ。

だったら、その時まで生きようというだけの話です。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 413 (2)

 「仕事の答えは童話が教えてくれる」

0 Comments

Leave a comment