千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「革命言」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 418




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

自分を変えたいと思うのは、誰しも自然な欲求です。

けれど、一念発起して100%一気に変えようとすると、
体が急な変化に着いていけずに挫折する。

人間には、体が一定を保とうとする機能が備わっているので、
急な変化には耐えられないようになっている。

では、どうすればよいのか?

千田琢哉曰く、
「1%ずつ、100回変えよう。」

!!?

なるほど!

目から鱗、否、
目から雷魚くらいの衝撃です。

そう、いつも100%変えようとするから挫折してしまうのです。

1%ずつ、100回なら誰でもできる。

時間はかかりますが、こっちの方が確実に変えられる。

徐々に変化していくから体も抵抗しない。

困難な現実も、別の角度から見ればまったく困難ではなくなる。

違う視点、別の角度というのがポイントです。















友人が盲目の際には、私は横顔の方から彼を見る。
 
                   byジョセフ・ジューベル















「友人」とは、「自分自身の考え」を例えているのだと思います。

「盲目」とは「固定観念」のこと。

「固定観念」を別の角度から見れば、また違う世界が見つかる。










【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 418 (2)

 「たった2分で自分を変える本」

0 Comments

Leave a comment