千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「かわるために」

千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 420




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

最後の1%とは何か?

それは、「変化できる自分」のことです。

目標を達成する目前の自分ではなく、
踏み出すことのできた自分。

「最後」とは、「最初」という意味を含んでいる。

だから、最初変化できた人は、最後も変化できる。

つまり、常に「変化できる人」のことだと思います。

千田琢哉曰く、
「最初の一歩を踏み出すことが、人生を変えるコツなのだ」

最初の一歩が踏み出せれば、最後の一歩まで踏み出せる。

最初の一歩も、最後の一歩も難易度は同じということです。














一歩を踏み出した人間にはすでに過去は消え、
目の前には洋々たる道が開けてくるのです。

                by宇野千代













はじめの一歩を踏み出すことは、
自分に対して、心を開くこと。

その一歩を開けたことで、自分とも向き合える。

変わるためには、変わるしかないのです。



千田琢哉名言 420 (2)

 「たった2分で自分を変える本」

0 Comments

Leave a comment